FC2ブログ

All archives    Admin

03-<< 2019-04- >>05-

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012'07.29 (Sun)

2012 東京旅行 その1

めちゃめちゃ遅くなっちゃいました  
気がつけば、もう7月も終わろうとしていますが…
7月5日から3泊4日で行って来た、東京旅行レポートです ♪
長くなりそうなので、前編後編に分けたいと思います。
まずは前編…1、2日目です。

メインは、帝国劇場でやってるミュージカル「ルドルフ」だったこの旅行ですが、
展示会関係も、色々と行って来ました〜  v (^^)


1日目。

まずは、羽田空港から上野に直行!
お目当ては、東京都美術館でやってるマウリッツハイス美術館展
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」です。
駅を下りて歩いてると、さっそくポスターが 
t1 


ここにもありますね。期待が高まります 
t2.jpg 


広〜い上野公園内を歩いてると、まず、右側に国立西洋美術館が見えて来ます。
t3.jpg  
この、ベルリン国立美術館展には、
フェルメールの「真珠の首飾りの少女」が展示されてます。
これも見たいのですが、この展覧会は九州国立博物館に来るので、
今回はパスしちゃいます。(時間があれば見たいんだけどね)


t4.jpg
 
看板、いろいろ。

t5.jpg
 
看板に誘われる…

ので、ちょっと敷地内に足を踏み入れちゃいました…

でも、展示会は見ませんよ〜!

ここには、アレがあるのです。

t6.jpg  
そう、これです! 
こちら、ロダン「地獄の門」
見えるかな〜?ロダンと言えば、アレですよね!
そうそう、考える人ですよ。
上の方…3人が立ってるとこの下に、考える人がいますねっ ♪
見るのは2回目…久しぶりの再会です ♪

…ちょっと寄り道しちゃいました。

歩いてると、また、看板が。
t7.jpg 
ん?契丹展って、昨年、九州国立博物館でやってたやつかな?


上野公園は、かなり広いですね〜!
どこに東京都美術館があるか、地図を見ないまま、
人の流れに身を任せて歩いてたら…迷いました(^^;)

t8.jpg 
迷って、何だか不思議なトーテムポールを発見!!

て、喜んでる場合じゃないので、来た道を戻ってみることに。

パンダポスト発見〜 ♡ ♡ ♡
t10.jpg  

とゆーことは…

その先に上野動物園があるわけです ♪
t9.jpg  
パンダちゃんも見たいけど…今回は諦めます。


上野動物園の右の方の建物に、フェルメールのポスター発見!
t11.jpg  

これこれ!ここですね!
東京都美術館、見つけました〜!


t12.jpg
 


正面に、銀色のデッカい球体がお出迎えしてくれます。
t13
 
ここの美術館、入り口が、球体からまっすぐ歩いたとこにあるエスカレーターを
下りての地下にあります。


美術館に着きましたが、お腹が空いちゃったので、腹ごしらえ ♪

と思ったら、館内にあるレストラン、カフェ、どこも並んでる…。
やっぱしフェルメールってスゴい人気なんだ〜…と、ちとビビる(笑)
とりあえず2階のレストランに頑張って、並びました。

注文したのが、
海老とアボカドのハーブドリア
アボカドのドリアって、初めて… 
t14.jpg
 
アボカドぜんぜん変色してない!なんと鮮やかな緑色… 
ご飯の割合は少なめでしたが、美味しかったです オススメ
セットのアイスティーも、なんちゃってな感じじゃなくて美味でした

お腹もふくれたところで、やっと展示会を見に、地下に下りました。

こちらがマウリッツハイス美術館展のチラシです。
t36.jpg 


結構入り口に並んでて、これは入るまでに相当時間がかかるかと思いましたが、
意外に進みは早かったです。

ところが、フェルメール「真珠の耳飾りの少女」の前でまた行列 
遠目からでいい人はこちらからどうぞ、とすぐに見れるんですが、
最前列から見たい人は並ばなくてはいけないのですよ。
そー言われると、やっぱり最前列から見たいでしょう…と並びました。
ぐるぐるぐるぐる蛇行しながら…20分くらい待ったかな?
やっと順番だ!と思ったら、人が待ってるから10秒ぐらいしか見れない上に、
絵から結構遠い  この作品は、そんなに大きい作品ではないので…
もう少し近くから見たかったと言うのが本音かな。

とは言え、生で見れたのは、幸せですよね ♪

この展示会にフェルメールの作品は2点。もう1点は月の女神の絵でした。
若い頃は、神話を題材とした絵を描いてたのだとか。
こちらの作品は結構大きいし、間近で見られたので、
タッチなんかも、じっくり見れました(^^)
洋服の描き方…筆のタッチがスゴく柔らかくて見とれました 

フェルメールの他は、レンブラントブリューゲルルーベンスの作品がありました。

ルーベンスと言うと、どうしてもアニメ「フランダースの犬」で、
ネロが死ぬ間際に「僕は見たかったんだ、このルーベンスの2枚の絵を〜」と言う
シーンを思い出さずにはいられません。
そしたら、今回ルーベンス「聖母被昇天」の下絵が展示してあったのですが、
この完成した絵が、ネロが見たかった絵なのだそうです!!
何だか、色んな意味で感動〜〜〜 
そして、そのことが解説に書かれてあるのも面白いですよね。

展示会自体はオランダ絵画と言うことで、色彩は暗めでしたが、
見ごたえのある油絵作品が沢山あって、堪能いたしました。

t15.jpg
 
これは、「真珠の耳飾りの少女」の少女が着ている洋服を想像して作ったもので、
オフィシャル・サポーターの武井咲ちゃんが着たものだそうで。


展示会グッズは、おもに「真珠の耳飾りの少女」ものでした。(そりゃそうだよね)
とりあえず、図録とファイルなど買っちゃいました。


1日目は、こちらの美術館を結構ギリギリまで見て…あとは、ホテルにチェックインして、
それから、ホテル近くに住む友人とお食事してたら…11時近くになってました 
1日目から、楽しみました。

 

2日目。

この日は、六本木に新しく出来た新国立美術館に行きました。
ん〜、なんとゴージャスな造り 

国立の美術館やら博物館は、ガラス張りの建物が多いのかな?
福岡の九州国立博物館も、ガラス張りですもんね。
t17.jpg
 


中に入ると…なんかカラフルなオブジェ?が。
t18.jpg
 


色んな色の液体が入ってて、可愛い〜 
t19.jpg
 


中は広々してますね〜。
正面の円すいの上は、レストランになってます。
地下2階〜この円すいの2階まで、各階にレストランやカフェがあります。
t20.jpg
 


これから見るのは、このエルミタージュ美術館展 
t21.jpg
 

チラシがこれ。
t37.jpg 
1番の押しの作品は、マティス「赤い部屋」のようです。
…が、わたくし、マティスはあんまり…(^^;)

展示会は5部に分かれてて、
1…ルネサンス
2…バロック
3…ロココと新古典派
4…ロマン派からポスト印象派まで
5…マティスとその周辺

と、年代の古い順に展示されてました。

気合いを入れて、朝の開館時間ちょっと過ぎたくらいから見たんですが…
朝イチから見るには重いくらいの、
それはそれは重厚な油絵作品が、しょっぱなから、これでもか!と続いてました。

まだ若干頭が働いてないのに、名画や、レンブラントヴァン・ダイクなど、
有名画家さんの作品のオンパレード… 
やっぱ、東京である展示会ってスゴいな〜なんて感動したり 

進むにつれ、コローシスレーモネルノワールセザンヌピカソルソー…etc…
聞き馴染みのある画家さんの作品がありました。

そして、福岡で展示会をやってたものの見に行けなかった、
モーリス・ドニ、ユベール・ロベールなんかの作品もありました。


スゴい作品が本当に沢山ありましたが、私が好きだったのは、
バルトロメオ・スケドーニ「風景の中のクピド」
フランソワ・ブーシェ「クピド(詩の寓意)」「クピド(絵画の寓意)」の3点。

どれもクピド…キューピッドの絵ですね。
もう、とにかく、可愛い ♡ ♡ ♡
とくに、↓ このブーシェの「絵画の寓意」(下の方の絵)のキューピッドの表情が
ちょっと性格悪そうな、気が強そうな感じで、めちゃくちゃ可愛いのです
t24.jpg 
この絵見れただけでも、エルミタージュ展見に来た甲斐があったかも。
この絵の額装シート売ってたかな?おっきなポスターあったら部屋に貼りたい…。

このブーシェさんの作品は、他にも音楽の寓意?とか、
芸術系の連作ものになってるらしいです。見たいぃぃぃ…。
 

さてさて、このエルミタージュ展、見に行きたい!と思った1番の理由が、
このエルミタージュと、ロシアの人気者チェブラーシカコラボグッズが売ってるから!
…だったりしたのです (^^)ゞ 不純な動機ですね 

本当は、チェブラーシカのチャームが欲しかったんですが…
旅行前日くらいに電話で聞いたら、もう完売してしまったとのこと(T T)
ガッカリしたんですが、他のグッズでも…と。

そしたら、ファイルが思ってたよりずっとゴージャスでカワユい
(いや、チェブだから可愛くないってことは、まずないだろうけど…)
t25.jpg
 
ちょっと、後ろの絵柄が透けてますが…


t26.jpg
 
レース柄かと思ってたこの金箔印刷 ↑ …よく見るとチェブの後ろ姿なんですよ〜
凝ってる〜  カワユすぎる〜

チェブのポストカードも可愛くて、チェブグッズと、
絵の方では天使の絵のポストカードなんかを中心に買っちゃいました ♪

ここで、面白いことして来たんですが…その「物」が、ただいま行方不明…
旅行記後編までに探したいと思います(^^;)


エルミタージュ展を見終わって、館内のレストランでお食事〜 ♪
本当は、2階の例の円すいの上のレストランで食べたかったんですが、
1番高級そうなお店で、1人で入るには気が引けて…
前もってチェックしてた地下2階のカフェ?に行くことに。 
t22.jpg
 
何だっけかな、チキン何とかって言う、
ご飯に、鶏肉が入ったホワイトシチューをかけた感じの料理。
美味しかったです(^^)
ただ、この地下2階のカフェは座席が少なく…
というか、人が多かったからなのかもしれませんが、普通に、相席する感じ。
まあ、皆さん、フレンドリーな感じでしたが。


この後、美術館のミュージアムショプを見て、それから、今度は銀座に行きました。

お目当て1軒目はコチラの画材屋「月光荘」さん。
t27.jpg  


おおっ、例のホルンのマークが見える!と、地下に下りたら、地下はギャラリーでした。
画材屋さんは1階。
t28.jpg
 


でも、地下にもポストカード、便せん、封筒とか売ってます。
t32.jpg 
こちらの画材屋さんに売ってるのは、全てオリジナルのもの。
便せんも、月光荘オリジナルで、ホルンのマークはもちろん、
行線が五線譜のようなデザインの物もあって可愛い

t33.jpg 
これは封筒。自分で折って貼って作るタイプ。

t30_20120731174228.jpg 
これもオリジナル?の12星座便せん。
どなたの絵なんでしょう?銅版画かな?
自分の星座である蟹座と、絵柄が可愛かった牡羊座を購入 ♪
私は、手紙はけっこう長々と書く方なので、これでたくさん書けそう ♪


画材は…残念ながらテンペラ用のピグメントは売ってなかったので、
鉛筆、消しゴム、練り消し、お皿、パレットナイフ等を買いました。
t29.jpg  
すべて、月光荘オリジナル。
昔、吹奏楽部でホルン吹いてたので、画材にホルンのマークが入ってるってゆーのは、
たいへんトキメキますっ  

あ、あと鉛筆削りも買いました。
前に、友人の彼氏さんからのお土産で、こちらの鉛筆削りや色鉛筆など色々頂いたのですが、
見た目は普通の、木で出来た、こじんまりとした鉛筆削りなんですが、
これがたいそう優れもんで、7Bや8Bなど、
濃くて芯が柔らかい鉛筆を削っても、全然芯が折れないんです!!
それまで持ってたものでは、芯がポキポキ折れてたので、
月光荘さんの鉛筆削りに出会うまでは、カッターで1本ずつ削ってました。

そんなわけで、鉛筆削りのストックも欲しくて、月光荘に寄ってみました。
そうそう、月光荘の店員さんは、スゴくフレンドリーで親切です(^^)

今は油絵描かないから使わないんだけど、ステンレス?(アルミだっけ?)で出来た
ホルンの形のパレットが可愛くて…欲しかったです。

ちなみに、オリジナルの画材は、油絵の具とアクリル絵の具が売ってあります。
今度行くことあったら、アクリル絵具もゆっくり選んでみたいなぁ〜。



月光荘を出まして、今度は、銀座松屋に。

お目当ては、地下食品街にお店が入ってる西光亭さんのクッキー。
前に友人から、ここのくるみクッキー貰ったんですが、
パッケージは可愛いし、クッキーはほろほろしてて美味しいし…。
東京に行くことあったら、絶対買いに行こうと思ってました ♪
お土産にも良いしね

我が家用に買ったのは、くるみのクッキー、チョコくるみクッキー、晩柑クッキー。
t35.jpg
 
パッケージは、濃ゆくてカワユいリスさんがどれにも描かれてあります。
絵柄がたくさんあって、どれも可愛いので…選ぶのに時間かかります。
店員さん、待たせちゃいました(^^;)
このスカイツリー+絵描きバージョン、お気に入り ♪


ほろほろ4
 
商品の種類は、こんな感じ。
興味がある方は、コチラから西光亭さんホームページへどうぞ(^^)



それから、1回ホテルへ帰りまして、
今度は、新宿にある画材屋、世界堂さんに行きました。

福岡には売ってない(多分)、ドイツのSchmincheというメーカーの
ピグメントが売ってるんです。

ただ、量が多くて値段が高いので…そうたくさんは買えません(^^;)
東京行くたびに、2、3色ずつ買ってます。
t34.jpg
 
今回は、この3色を購入。常時2割引とはいえ…高い  量が多いんですよね。
この3分の1くらいの量で十分なんだけどなぁ…。


画材屋さんに行った後は、前日にも一緒にお食事した友人が、自宅に招待してくれました ♪
同じ井上芳雄君ファンの博子さんとは、博多座モーツァルトの出待ちで知り合ってからの
お付き合いです。
今回、彼女のご自宅が近いってことで、新宿のホテルにしました。

前日も、新国立美術館への行き方など、交通アクセスを教えて頂いて助かりました〜 ♪

そして、この日は、新宿にあるオススメのお寿司屋さんの茶巾寿司と穴子巻き?、
それから手作りのバンバンジーやご飯、デザートまで準備して下さって…。
まさか、東京でこんなにあたたかいご接待を受けようとは思っておらず、感激しました 
t31.jpg
 
食べる前に、写真撮ればよかったですね(^^;)
オススメのお寿司、スゴく美味しかったです ♪
そして、遅くまで芳雄君のDVD見たり、話に花が咲きました〜 ♪
博子さん、本当にお世話になりました(^^)

明日は、いよいよ芳雄君の「ルドルフ」観劇です 
(て、もう、公演は終わっちゃいましたね 

…というところで、長くなりすぎるので、続きます 
また、写真の編集頑張りたいと思います。

良かったら、またお付き合い下さい 
21:15  |  旅行  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。