FC2ブログ

All archives    Admin

12-<< 2019-01- >>02-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.06 (Sat)

映画「カラマーゾフの兄弟」

録画してたのを見ようかどうしようか迷ってたのですが、
チラッと見てみたら、三男の役者さんが、
金髪でちょっと可愛い感じの人だったので、
思わず見てしまいました(単純
なので、前回の記事のドラマの補足として、ちょっと感想をば。
(詳しいネタバラしはしませんが、知りたくない人は読まないで下さいね)

1968年制作のソ連映画だそうです。(私が生まれる前の映画ですね)
ドラマから見てしまったので、この映画の方が原作設定なのに、
ど〜しても、ドラマと比べてしまいましたっ

これ見ると、ドラマは、けっこう原作の重要ポイントを
押さえてるんだな〜と思いました。
あ、そうそう、「カラマーゾフ」ですが、
「黒塗りの」って意味があると書いてましたが、
その前に、この一族の名前(名字)だったんですね。
この映画見て、初めて気付きました(^^;)
そんでもって、「黒塗りの」って意味もあるんですね。

それで、日本版ドラマのこの一族の名字は「澤」なんですね。
他にも映画見てて思ったんですが、ドラマのキャストの名前、
原作の名前からちょっと取ってたりするんですね?

父  黒澤 文蔵(んぞう)→ョードル・カラマーゾフ
長男 黒澤  満(つる) →ドミートリイ(ーチャ)・カラマーゾフ
次男 黒澤  勲(さお) →ワン・カラマーゾフ
三男 黒澤  涼(りょう) →アレクセイ(アリョーシャ)・カラマーゾフ
   遠藤加奈子(なこ) →テリーナ ……長男の彼女であり、次男の想い人。
   吉岡久留美(るみ) →グルーシェ二カ……文蔵とも関係をもってる、
                        長男の本命の悪女?

等々、名前の1文字が使われてますけど…これって偶然?


しかし、ドラマでは文蔵って、ホントにヒドい父親でしたが、
それに比べると、映画ではちょっとマシだったよーな…。
次男とは普通に会話してたりするし、三男のことはホントに可愛がってる感じ?
そのぶん、長男とは険悪でしたけど。
でもその長男がまた、こりゃ険悪にもなるかな…ってな感じのおバカさん…
直情的で、短絡的で、情熱的? 悪い人じゃないんですけどね 

ドラマでは、次男と相思相愛っぽい加奈子が、
どうして長男に執着して付き合ってるのか
イマイチ分かりませんでしたが、映画見て納得しました。
プライドゆえ…とか、八つ当たり的な設定は、
映画のイワンとカテリーナと同じのようでしたが、
ドラマでの演技(脚本?)からは、そう感じなかったもんで…。

映画のラストは、長男と次男がちょっと可哀想ですが、
グルーシェニカ…彼女、最後ソリに乗ってどこ行ってんですかね〜?
兄ちゃんを追いかけてるのか、どっか違うとこに旅立ってるのか…
そこが1番のナゾです。

こりゃもう、原作読まなあかんのでしょうかね 

3部構成で、ちょっと長いですが、
ドラマを見た方は、ぜひ映画の方も見てみてください 

01:22  |  テレビとか映画とか  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメント:を投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント:投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。